脱毛コラム

日焼けをしている時は脱毛NGな理由

一般的に脱毛は毛周期に合わせて行うと言う事は知られています。しかし実際にはそれ以外でも脱毛がNGと判断されてしまう場合があります。


それが日焼けをしている時です。



日焼けをしたばかりの肌と言うのは、紫外線のダメージを受けています。勿論人によってはどれだけ日焼けしても平気だと言う人もいますが、実際には弱っている肌の状態で光脱毛などを行うと肌トラブルが起きてしまう可能性が高くなります。


また、人によってはやけどの様な状態になってしまう事もあるので注意しなければいけません。また抑々光脱毛はメラニンに反応する様になっています。


肌の色と無駄毛の色の濃さに大きな差がある場合は比較的はっきりとその光の効果を感じる事が出来ますが、日焼けをしている肌の場合は無駄毛と肌の色のコントラストにあまり差が無くなってしまう場合もあり、その場合はどうしても効果自体が薄くなってしまうので注意が必要です。


従って、無駄毛を綺麗に処理したいと思ったら、日焼け止めなどを利用して日に焼けない努力を予めしておく事が重要です。


ただ、日焼けをしたら肌の色が元に戻るまで施術を受ける事が出来ないかと言ったらそうではありません。


それ程酷い状態でなければ、大体2週間ほど時間が経過したら施術を受ける事が出来る可能性が出て来ます。ただその人の肌の色によっては施術自体がNGと判断されてしまう場合もあるので、まずはサロンに行って脱毛できるかどうかを相談する所から始めるべきです。


ちなみに、日焼けをしている時は施術は出来ないと言って断るサロンが殆どなのですが、実は施術後の日焼けにも十分気を付ける必要があります。施術前も施術後も日焼けをするのは良くない事なので、夏場は日焼け止めを利用する事と、出来れば長そでを着用する事がポイントとなります。


一般的には脱毛が全て終了するまでは日焼けはしない、それがサロン等できれいに脱毛してもらう上では基本的な事となっているので注意しなければいけません。