脱毛コラム

除毛クリーム・ワックス脱毛でのむだ毛処理方法

自宅で無駄毛を処理する方法は主に3つになります。カミソリを使う方法と、毛抜きを使う方法と、除毛クリームを使う方法です。



除毛クリーム


カミソリや毛抜きに比べると除毛クリームを使う方法は肌に対する刺激も少なくて済むので、比較的肌トラブルを起こさずに無駄毛処理が出来る方法と言っても良いでしょう。


除毛クリームの使い方はとても簡単で、無駄毛が気になる所にクリームを塗り、そのまま商品に記されている時間放置、その後きれいにクリームをふき取ると言う形で十分です。


またふき取るだけでは何だか残っている感じがすると言う時には、丁寧に洗い流します。無駄毛を溶かして処理する方法となっていて、肌に余計な刺激を与える事が有りません。


ただ施術中は独特の臭いがする場合が多いので、家族が一緒にいる場合などはその臭いで迷惑をかけてしまう事もあるので注意が必要です。


人によってはその臭いを不快と感じる場合もあるので、換気しながら行う方が無難です。まずは商品に記されている使い方を守る様にすればそれ程問題なく使う事が可能となります。


また除毛クリームは肌の表面に出ている無駄毛を溶かして除去する方法なのですが、製品によっては抑毛成分を含んでいる物もあります。そういった成分が配合されている製品を使い続ければ、次第に無駄毛が生えにくくなって行き、結果的には処理をする間隔を長くする事も決して不可能ではありません。


ただ実際にはその人の肌質によって使う事が出来る場合とそうではない場合があります。またその人の体質だけでなく体調などにも影響されるので、出来れば除毛クリームを利用する時は毎回パッチテストをする方が良いでしょう。


パッチテストを行う時は二の腕の内側など目立たない部分にクリームなどを塗り、規定時間放置てのりのぞいた後にどのような変化が有るかを調べる物です。また同じ製品でもその人の体調によって作用の出方が違うので、前回は大丈夫だったと言う除毛クリームを利用する時も施術をする日の前日には必ずパッチテストをする方が安全です。



ワックス脱毛


エステサロンや脱毛サロンでは効率よく脱毛ケアを受けることが出来るメリットがありますが、定期的にお店に通って脱毛ケアを受けなくてはいけない事や、総合的に施術にかかる料金も高額になってしまうので、もっと手軽にムダ毛の処理を済ませたいという方に人気になっているのがワックス脱毛です。


このお手入れは海外ではポピュラーなお手入れ方法で、国内でもシートにワックス剤がセットされているワックスシートの販売や、海外から輸入されたワックスキットなどが通販で購入できるようになってきたので、誰でも気軽に自宅でお手入れをすることが出来るようになっています。


ワックス脱毛のお手入れ方法は、砂糖やショ糖、クエン酸、ハチミツなどを煮詰めたワックスジェルを肌に塗り、ワックス剤が緩いソフトタイプはその上に専用の脱毛シートを貼り、ワックス剤が固めのハードタイプはそのままワックス剤が固まるまで放置します。ワックスが固まればそのまま一気に剥がす事で広範囲のムダ毛を綺麗に処理することが出来ます。


ただワックス脱毛を行う上で知っておかなくてはいけないのが、ワックス脱毛は細く薄いうぶ毛もからめ取ってケアをすることが出来るメリットがありますが、脱毛時にかなりの痛みが伴ってしまう事と何度も繰り返し行うと、ムダ毛だけではなく肌の角質も除去されるので、時間を空けてケアをすると肌の古い角質も落とすことが出来るのでトリートメント効果を得ることが出来るのですが、頻繁に使用してしまうと肌のバリア機能を担っている新しい角質も落としてしまう恐れがあるため、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。


そのため始めて利用する場合は、デリケート部位のお手入れは出来るだけ避けて比較的安心してお手入れが出来る腕や足の脱毛でワックス脱毛の方法に慣れておくと、勢いよくワックス剤を剥がすことが出来るようになるため、デリケート部位のお手入れもスムーズに済ませることが出来ます。ケア後は肌が乾燥しやすいので、ボディクリームで肌を整えると乾燥を防ぐことが出来ます。